宝徳寺 寺院概要


寺院概要

宝徳寺は臨済宗大本山建長寺第73世仏印大光禅師を開山として、桐生地域の領主であった、桐生佐野正綱公の開基により室町時代の宝徳年間(1450年頃)に創建された禅寺です。当山の場所は桐生城(柄杓山城)の裏側に位置し、名久木の砦の入口を見渡す所にあります。これは城の裏口を護るための要害としてこの場所を選び建てられました。天正元年に桐生佐野家が太田の由良家に滅ぼされると、当山は保護者を失い荒廃してしまいました。しかし地域の人々の力により、再び隆盛となり江戸中期には当山17世の天渓和尚が大本山建長寺186代管長を務めました。また明治初年には大間々第一分校(旧川内北小学校)が当山において開校されました。

宗教法人 宝徳寺
寺院名 大光山 宝徳寺
宗 派 臨済宗建長寺派
住 職 金子英宗

所在地 群馬県桐生市川内町5-1608


宝徳寺 住職 金子英宗


住職挨拶
当山は宝徳年間年頃(1450年頃または室町時代)に桐生城(柄杓山城)の裏口を護るため桐生正綱公により創建された禅寺です。お寺とは「癒やし、学 び、修行、祈り」の場であると考え、さまざまな活動を行っています。毎年GW期間開催の「春、新緑の床もみじ特別公開」、7月~9月には「風鈴まつり」、そして10月~11月開催の「秋の床もみじ特別公開」、大晦日の昼間に撞く除夜の鐘、そして御朱印の旅などを通じ多くの方々に来山いただいております。参拝いただき素敵な、心休まる一時をお過ごしいただければと思います。「好日」



本堂 襖絵双龍 客殿 寺務所 御朱印受付所宝徳寺の枯山水 関東の枯山水 石庭
平和の火宝徳寺のお地蔵さん

ホームに戻る

▲ up