寺院概要

宝徳寺は臨済宗大本山建長寺第73世仏印大光禅師を開山として、桐生地域の領主であった、桐生佐野正綱公の開基により室町時代の宝徳年間(1450年頃)に創建された禅寺です。当山の場所は桐生城(柄杓山城)の裏側に位置し、名久木の砦の入口を見渡す所にあります。これは城の裏口を護るための要害としてこの場所を選び建てられました。天正元年に桐生佐野家が太田の由良家に滅ぼされると、当山は保護者を失い荒廃してしまいました。しかし地域の人々の力により、再び隆盛となり江戸中期には当山17世の天渓和尚が大本山建長寺186代管長を務めました。また明治初年には大間々第一分校(現桐生市立川内北小学校)が当山において開校されました。



宝徳寺住職挨拶 金子英宗

各ご案内

  • 本堂案内
  • 襖絵双龍
  • 客殿案内
  • 原爆の残り火 平和の火
  • 昼間に撞く除夜の鐘(除夜の鐘昼間開催)

メディア対応

当寺院、住職への取材、撮影ロケ地として利用希望などの場合、宝徳寺 広報までお問合せ、ご連絡願います。詳細は専用ページをご覧ください。


宝徳寺広報 メディア取材撮影対応

プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いについて
個人情報保護の重要性を認識、適切に利用し保護することが社会的責任であると考え、個人情報の保護に努めることをお約束致します。当寺院は、法令に基づく場合等、正当な理由によらない限り、事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に開示、提供することはありません。檀家情報、その他知りえた情報は一切開示致しません。個人情報の漏洩、滅失、毀損等を防止するために個人情報保護管理責任者(代表役員 金子)を設置し、十分な安全保護に努め、また、個人情報を正確に、また最新なものに保つようお預かりした個人情報の適切な管理を行ってまいります。

サイトポリシーについて
(1)著作権 当サイトは、宗教法人宝徳寺が管理しております。当サイトの内容(コンテンツ)はすべて当寺院所有帰属となります。(サイト内に他社コンテンツと明記がない限り)当サイトの 内容を(一部であっても)当寺院の許諾なしに複製や利用することを禁じます。当サイトのコンテンツをご利用希望の場合は、事前にご連絡を必ずお願い致します。

(2)リンクに関して 基本的にリンクフリーとさせて頂きます。但しトップページのみに限ります。トップページ以外へのリンク及び画像などへの直接リンクは固く禁じさせて頂きます。不適切なリンクと判断した場合、当方から申し入れを行いますので、ご理解下さい。

^