永代供養合葬墓よくある質問


宝徳寺の永代供養合葬墓 よくあるご質問 

Q.供養はどういう形で行なわれるのでしょうか?

A.はい、永代供養墓において春秋お彼岸とお盆に読経供養いたします。 また永代供養過去帳位牌に戒名・没年月日・行年を記入の上、位牌堂にお祀りしご供養いたします。

Q.納骨の時や一周忌、三回忌などの年回忌の法事もしてもらえますか?

A.はい、できます。お電話でお申し込み下さい。(3万円)

Q.永代供養を申し込むと檀家になる必要がありますか?

A.いいえ、檀家になる必要はありません。しかし檀家になることを希望する場合は入檀することもできます。入檀された場合は位牌堂にお位牌を安置し供養いたします。

Q.管理料は必要でしょうか?

A.いいえ、永代供養契約者は当寺の檀信徒になるものではありませんので、管理費・会費・寄付などの費用は徴収いたしません。

Q.臨済宗ではないのですが申し込みはできますか?

A.はい、宗旨宗派は一切不問です。

Q.俗名のまま納骨をしていただけるのですか?

A.いいえ、仏教徒に限るため戒名を授与されていない方の納骨はできません。戒名がない場合は臨済宗(禅宗)の戒名をお授けします。

Q.お葬式はそちらでお願いしなければならないのでしょうか?

A.いいえ、葬儀はどちらでなさってもかまいません。しかし宝徳寺の住職が葬儀を行い、以降の永代供養を引き続き執り行うことが望ましいと思われます。東京、埼玉、茨城、千葉、栃木など関東圏であれば、伺うことも可能です。(出張葬儀対応致します)

Q.納骨後、改葬、分骨はできるのですか?

A.いいえ、お骨は専用の納骨袋に入れ埋骨します。時間の経過とともに風化して土に帰ります。よってご遺骨の返還はできません。

Q.墓誌に名前や戒名を刻字してもらえますか?

A.はい、墓誌に戒名や俗名、命日等を刻字いたします。 (一霊:3万円)

Q.先祖が複数いる場合の刻字はどうすればいいのですか?

A.一霊一霊刻字することも可能ですが、○○家諸精霊とすることもできます。(3万円)

Q.当日の持ち物を教えてください。

A.はい、 お骨と墓参用の花、線香、埋葬許可書、印鑑をお持ち下さい。

Q.お墓参りをしたいのですがそちらに行く交通手段がありません。

A.はい、JR桐生駅、東武線相老駅まで送迎いたします。事前に到着時刻をお知らせください。尚、送迎費用として3,000円をお納め頂いております。


[ご確認①] 永代供養合葬墓規約

[ご確認②] 永代供養合葬墓よくあるご質問 

[■パンフレット]ダウンロード

[■お申込書(合葬墓)]ダウンロード


[■お申込書(合葬墓生前)]ダウンロード

宝徳寺永代供養個人墓

合葬ではなく永代供養個人・友人・家族墓もございます

永代供養合葬墓の他、永代供養個人・友人墓をご用意しております。詳細は、タイプ青蓮・タイプ白蓮のご案内ページをご覧ください。ご夫婦で、ご家族で、ご友人と、先祖代々含め複数霊対応可能です。規程の人数(青蓮5名まで・白蓮7名まで)内は掲載しております永代供養料となります。よって複数でのご利用の方におすすめです。(永代供養生前契約がおすすめです)

●永代供養個人・夫婦・友人・家族墓「青蓮(しょうれん)」5人迄納骨可 生前契約65万

●永代供養個人・夫婦・友人・家族墓「白蓮(びゃくれん)」7人迄納骨可 生前契約85万

※こちらの個人墓は、ペットとご一緒に納骨が可能です。

TOPページに戻る |  永代供養総合案内に戻る