宝徳寺住職

住職挨拶 お寺とは癒し、学び、修行、祈り

宝徳寺ホームページにお越しいただきありがとうございます。当山は宝徳年間年頃(1450年頃または室町時代)に桐生城(柄杓山城)の裏口を護るため桐生正綱公により創建された禅寺です。お寺とは「癒やし、学 び、修行、祈り」の場であると考え活動を行っています。毎年5月開催の「ぼたん祭り」や、11月開催の「紅葉まつり」、大晦日の昼間に撞く除夜の鐘、坐禅体験、そして御朱印の旅などを通じ多くの方々がご来山くださっています。皆様にもご参拝いただき素敵な一時をお過ごしいただければと思います。

宝徳寺住職ご挨拶

寺務所より

宝徳寺へのお問合せは、お電話またはメールフォームをご利用願います。お電話でのご対応は、午前9時から午後6時までとなります。(メールフォームはいつでもご利用可能です)



道中安全 宝徳寺

TOPページに戻る ← →  宝徳寺寺院概要